県警少年捜査課と藤沢北署は3日、川崎市宮前区宮崎、市立犬蔵小学校用務員、斎藤秀樹容疑者(47)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)容疑で逮捕した。
逮捕容疑は3月14日午後、横浜市のホテルで同市緑区の当時16歳だった県立高校2年の女子生徒(17)に現金3万円を渡してみだらな行為をしたとしている。容疑を認めているという。
同小の西田政吉校長は「父母をはじめ関係者のみなさんにご心配をかけ申し訳ない」と陳謝。川崎市教委の古内久・教職員課長は「早急に本人と接見し事実を確認したうえで処分したい」と話す。